プログラムをとめる方法②【キッズプログラミングWEB講座】

こんにちは。キッズITコンサルティング鍋藤です。

さて今回も「プログラムを停める方法」です。

前回は「すべてを止める」という命令を使いました。
今回使う命令は「スクリプトを止める」命令です。

スクリプトって何?

スクリプトというのはプログラムの事を言います。

「プログラムを止める」ってことか。

そうですね。

ただ、「プログラムを止める」という事ですが、やはりこのままでは「すべてを止める」との違いがよくわかりませんね。

サンプルプログラムを作って確認してみましょう。

まずは前回学習しました「すべてを止める」を使ったプログラムです。

プログラムが2つあるの??

この2つのプログラムのキッカケは「緑のはたをクリックされたとき」と同じになっていますね。

同じキッカケの場合、同時にプログラムを動かす事ができます。

左側のプログラムは、ネコが左右に動くプログラムです。

右側のプログラムは、ネコのコスチュームを変えて、歩いているように見せるプログラムです。

では、実際に動かしてみて、途中で「上向き矢印キー」を押してみましょう。

ピタッと止まった!!

上向き矢印キーを押したことで、左側のプログラムの「すべてを止める」が動いて停止しました。

では次は「すべてを止める」を「スクリプトを止める」に変えて動かしてみましょう。

左右に動くのは止まったけど、コスチュームは変わり続けてる!

そうですね。

「スクリプトを止める」が入っている左側のプログラムだけが止まりました。そして、「スクリプトを止める」命令が入っていない右側のプログラムが動き続けてるということになります。

このように「スクリプトを止める」はその命令がくっついているプログラムが止まるという事になります。

今後、ゲームなどを作る時にとても重要な命令となりますので、よく理解しておいてください。

では、次回から実際にゲームなどを作っていきたいと思います。お楽しみに!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

ABOUTこの記事をかいた人

独立系SIer(システムインテグレーター)にて様々な金融系システムのプログラマーから、リーダー、プロジェクトマネージャーを担当。要件定義フェーズから設計・開発~運用・保守までの工程を経験。 SIerを退職後、ヨーロッパ移住し2年間過ごす。 ヨーロッパにて家族のあり方や、子供への教育、仕事への捉え方など、日本とは異なる視点を学ぶ。 帰国後、2016年にキッズITコンサルティングを立ち上げ、小学生向けプログラミング教育事業を開始 2017年4月時点で合計80名以上の生徒にプログラミングを教える。 2017年5月より事業者および個人向けのホームページ作成支援サービスを開始。 2017年9月より合同会社キッズアイティとして登記予定。