シューティングゲーム1【キッズプログラミングWEB講座】

こんにちは。キッズITコンサルティング鍋藤です。

前回まで変数の使い方を学習しました。

では今回からは変数を上手くつかってシューティングゲームをつくっていきましょう

プレーヤー(宇宙船)のコスチュームを作ろう

まずはプレーヤーとなる宇宙船を用意しましょう。

自分で描いても良いですし、インターネットで良い素材を見つけてもOKです。

 

背景(ステージ)を作ろう

背景(ステージ)のイラストも用意しましょう。

この例ではイラストACというサイトから持ってきています。

 

宇宙船を動かそう

今回は、矢印キー(右・左)にて移動させるようにします。

以前作った「ネコからビームを出そう」では、矢印キーをプログラムが動くキッカケにして動かしました。

ネコからビームを出そう1
ただ、この方法の場合、動きが若干ぎこちないのでゲームとしてはあまり良くありません。

そこで今回はもっとスムーズに動かすプログラムを作っていきたいと思います。

その方法は

①矢印キーが押されるのをチェック

②押されたらその方向に移動する

をずっと繰り返す方法となります。

まず、プログラムが動くキッカケをつくりましょう。

今回も緑の旗がクリックされたらスタートとします。

つぎに、矢印キーが押されるのをチェックします。

もし矢印キーがおされたなら・・・・」という考え方ですので

となりますね。次に「矢印キーが押された」という部分です。

このようになります。(「調べる」カテゴリーに入っている命令です)

次に矢印キーが押されたときの行動を入れます。

右向きの矢印キーが押されたら、右に進みたいので、右に向けて動かしています。

同じように、左向き矢印キーも作りましょう。

 

このようになりますね。ただ、まだ完成ではありません。

このままでは、緑のはたがクリックしたあと、右向き矢印キーと左向き矢印キーが押されたか?をチェックしてそのまま終了してしまいます。

常に押したかどうかをチェックする必要があるので、繰り返す命令を入れます。

これで動かすことが出来るようになりました!

あとは、角度を変えた時にどのように見せるかの設定を変えておきましょう。

←→ボタンを押しておきましょう。

 

これで完成です!左右に動けば成功です!!

 

では次回はミサイルを打つところまで作ってみます!お楽しみに!!


にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ

ABOUTこの記事をかいた人

独立系SIer(システムインテグレーター)にて様々な金融系システムのプログラマーから、リーダー、プロジェクトマネージャーを担当。要件定義フェーズから設計・開発~運用・保守までの工程を経験。 SIerを退職後、ヨーロッパ移住し2年間過ごす。 ヨーロッパにて家族のあり方や、子供への教育、仕事への捉え方など、日本とは異なる視点を学ぶ。 帰国後、2016年にキッズITコンサルティングを立ち上げ、小学生向けプログラミング教育事業を開始 2017年4月時点で合計80名以上の生徒にプログラミングを教える。 2017年5月より事業者および個人向けのホームページ作成支援サービスを開始。 2017年9月より合同会社キッズアイティとして登記予定。